RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 昨日の手術より | main | 海外に関心のない男子 >>
子供の感性
0
     神童といわれる子供がいて、子供の頃から音楽の才能を発揮したりする。
    そのとき奏でられる音楽は、テクニック的にはうまくても、「中身は子供」なのだろうか。
    そんなことはなく、大人の感性で表現できる子供が存在する。
    どうも、大人は、子供のことをみくびっているようだ。

    小学校1年のとき、同級生の女の子から告白された。
    その時の気持ちを覚えているが、どきどきするような、うれしい気持ちだった。
    ところが、その子は他の子にも「すき」と言っていたようで、私を含め3人の男の子に告白していたことが、あとでわかった。
    スポーツが得意な子、かっこいい子、頭のよさそうな子を選んで、愛を告げていたという顛末である。(ちなみに、わたしは頭のよさそうな子、という基準だったようだ)
    それがわかったあとは、なんとなく残念な気持ちになったことを覚えている。
    つまり、小さな子供にも、愛がわかるのである。

    子供は愛などわからないし、大人の難しい世界は理解できないだろう。私たちは、そう考える。
    しかし、それは彼らが「表現できないだけ」だからではないか。
    持っている言葉の数が少ない、伝え方がわからない、はずかしくて表に出せない・・。それだけの違いではないだろうか。

    むしろ大人のほうが、好きな気持ちを封印したり、思ってもいないことを口にして自分でもそう思い込んだり、世間体を気にして取り繕ったりする。子供の目から見ると、わかりにくい存在だろう。
    おたがい理解しにくいもの同士、なのかもしれない。

    自分も子ども時代があったわけだし、そのとき感じていた気持ちを思い出すことが、両者の意思の疎通に役立つだろう。


    ・・でも、3人の男の子を好きになったあの女の子。今は、どんな大人になっているのだろう。ちょっと気になる。



    まんぞく





    | エッセイ | 06:33 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    この間、高校二年の数学を説く小学一年生がテレビに出ていましたね。神童?家庭環境?DNA?凄いですね。                       犬にも、賢い仔いますよね!うちも、50個位の玩具に名前をつけていたのですけど、きなこは、全て覚えていました!賢い仔でした。                                                私も先生と同級生だったら、「金井君大好き!」とついて回っていたかもしれません!(動物が好きで、小鳥飼っている、小鳥の赤ちゃん触りたい)(^^)って、横縞な考えで!  近くに、そんな優しい男の子がいなかったのが、残念です。            
    | きなこ | 2014/12/13 6:10 PM |

    先生、懐かしい淡い思い出ですね!
    スポーツが得意な子、かっこいい子、頭の良さそうな子を選んで、
    読んでるとき先生はどの子かなぁと思い、頭の良さそうな子、やっぱりと思いました(*^^*)
    残念な気持ちになったとありますが、どの子を期待していたのでしょうか?(^^)何十年前の事でも、ふっと思い出す事たまにありますね。
    私は高校生の時に他の学校の強豪野球部の男の子と友達になり、その中にいたかっこいい男の子の事をよく思い出します(*^^*)
    今はどんな姿になっているのか!
    思い出すのは高校生の時のままの彼です。
    今の姿は見ない方がいいかもしれませんね!
    私もそんな可愛い気持ちがあったのです。今は計算高い自分を守る体制に入ってしまっています(T^T)
    今、恋している男の子は長男犬の塁です!可愛くてかっこいいですよ(^^)

    | もあの母 | 2014/12/13 7:40 PM |

    きなこさん、動物の記憶力も、なかなかのものですね。そのなかでも天才的な動物もきっといるはずですよね(^^)

    もあの母さん、そういう淡い思い出はみなあるのでしょうね。
    おとなになったら、いろいろ変わりますから、知ったほうがいいのか、知らないほうがいいのか・・(^^)
    | かない | 2014/12/15 6:16 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091151