RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 夢について | main | 厳しく教えられたこと >>
見方がかわる
0
     趣味は音楽、と言えるかもしれない。いまはもっぱら「聴くこと」専門である。
    近頃、ピアノの演奏をよく聴くようになり、新しい発見が多い。ここ最近の一番の収穫は、シューマンという作曲家に、あたらしく出会ったことである。

    学生時代から、シューマンをよく聴いていた。主には交響曲である。交響曲は1番から4番までがあって、どれもとても美しい。ただ、ベートーベンやブラームスと違って「重みが少ない」という印象だった。軽快で美しいだけで、訴えてくるものが少ない。そんなふうに思っていた。

    ところが、彼の作ったピアノ曲を聴いていると、どうも様子がちがう。イメージよりももっと複雑で、とらえどころがない感じ。けれど、繰り返し聞いていると、心の奥底に響いてくる。表面的な美しさの裏に、なにか深い部分があるようなのだ。

    シューマンに関する映画を見たり、関連する資料を読むと、彼が天才的な能力を持ちながらも、実は生きていくのに不器用な人であったことがわかる。最後は精神を病んで、自殺を図るが失敗し、入院治療中に亡くなってしまう。

    現在演奏される彼の交響曲は、ベートーベンやブラームスの音楽と同じとらえ方で演奏されているように思う。そのため、病的な側面や、内省的な表現は薄められ、美しさが強調される。
    ところが、ピアニストらは個人としてシューマンを捉え、表現しようとする。
    ピアノ曲を聴くことで、私のシューマンの印象が大きく変わってしまったのは、偶然ではなかったかもしれない。

    ピアニストは、シューマンのピアノ曲を特別なものと思うようだ。彼の曲のことを、
    「うまく説明できないが、どこか惹かれる」「心にダイレクトに迫るところがある」
    と語っているインタビューなどを目にすることが多い。

    ベートーベンは、いつまでたってもベートーベンだし、バッハはバッハである。
    私は、こんな風に作曲者の印象がすっかり塗り変わることなど、ないと思っていた。
    つまりは、レッテルを貼っていたのかもしれない。
    シューマンの「再発見」は、私にとって大きな出来事だった。


    身近な人間に対しても、そうではないか。
    ある人のことを「こんな人だ」と決めつけているが、本質はそんな簡単に見つかるものではない。古くからの友人、長年一緒に暮らしている家族でも、本当の姿は少しずつしかわからないものだ。


    それを発見する喜びが、これからまだまだあると思うと、長生きせねば、と思う。


    ころころ
    | エッセイ | 05:58 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    音楽が趣味っていいですよね。私も時々気に入ってる人の演奏を聴きにいきます。やはり生演奏はいいですよね。
    私の母校の中学ではオーケストラをしている音楽部で盛んでした。、私は音楽部ではなっかたのですが、時々練習を見かけたのですが先生のご指導が厳しく、細かくて、音楽ってやはり難しいなと思ったものです。ピアノを習ってしてましたが,弾けばいいというものではないんですものね。楽器って難しいです。
    卒業してから知ったのですが、当時臨時で音楽の先生として来てくださった先生は現在、有名なオーケストラの指揮者、奏者であってテレビでも拝見する人であったこと。その先生に指導してもらった生徒は何人かはプロの演奏者になっていたり、何人かは趣味でアマチュアでときどき、楽器を演奏しているのだそうです。
    何十年たってもできる素敵な趣味だなとおもいました。全員にとはいかないけれど、導かれて

    何年後かにた指導者と同じ道を選んでいくこもいる。

    引き継がれていくのかな。
    | まきあ | 2014/12/10 11:24 AM |

    ジョニーの免疫力が 弱っている事が 良く分かりました。ジョニーは 本当に しやすい子で 身体中を 触らせてくれ お薬をぬらせてくれています カランにも なれてくれて…何年ぶりに出した 家のミシンは 何故か、バックしかせず、前進で縫えないのです…ならばと ミシンの反対側から 縫いだしましたが 手元が見えてないので あちこち 縫い目が 曲がっていますが ジョニーに ピッタリにできました。布製のカランは 猫には ピッタリですね。作られた方に感謝です。そして 貸して下さった先生に感謝です。本当に ありがとうございます 今後とも 宜しくお願い致します。ジョニーが 1日でも 元気で 長生きが 出来るように 私も 頑張ります。
    | ジョニーのママ | 2014/12/10 11:47 PM |

    まきあさん、音楽では指導者の存在は大きいですね。厳しく教えられたことは将来の糧になって、引き継がれていくものだと思います。

    ジョニーのママさん、ピヨのエリザベスカラーはHさんという人の手作りです。
    よくできていますよね!
    | かない | 2014/12/11 6:44 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091148