RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 長く勤めてほしい | main | 見方がかわる >>
夢について
0
     落ち込んだり、くよくよしたり。いつも元気でいられないのが人間である。
    ところが元気を出す方法がひとつある。それは、未来を思い描くことである。
    脳の研究では、人間が一番幸福を感じるのは、明るい将来を展望するときなのだそうだ。

    100歳を超えても現役で医師をしている日野原先生は、10年先までの予定表を持ち歩いているとのこと。先の可能性に思いを馳せるのは、長寿の秘訣かもしれない。


    私には目標があって、それを考えている時はやはり楽しい。
    具体的には、
    ・腹腔鏡の技術を向上し、動物医療で現在不可能だと考えられている外科手術を、腹腔鏡で低侵襲に行えるような基礎を作りたい。
    (いま行おうと思っているのは、腹腔鏡下胆嚢摘出の動物医療での標準化である。つまり、教科書をつくること)
    ・2017年に日本で行われるVES(Veterinary Endoscopy Society、低侵襲外科の世界的な集まり)でPLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)と乳び胸(または胆嚢摘出)の発表をすること
    ・若い獣医師向けに、腹腔鏡を楽しく学べる「腹腔鏡道場」のようなものを作ること。そのための模擬練習模型づくりや、施設の整備
    ・はりねずみ通信を土台に、本を書くこと
    などなど。

    「自分にはできないかもしれない」という視点が、すっぽり抜け落ちていることと、目の前にやるべきことがあるのを放っている、という問題はあるが、それでいいのだ。



    きになる

    | エッセイ | 06:31 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    先生の夢すてきですね。
    やりたいこと、やらなければいけないことがあること、目標があることはとても幸せなことだと思います。
    私は子どもが大きくなり子育てが終わりになってきて、さて次は何をしようかと模索しております。
    仕事に復帰できればいいですが、何かしないととおもっています。人生元気なうちにやり残した事がないように生きていきたいと思うようになりました。
    | まきあ | 2014/12/09 8:40 PM |

    昨日は、先生のネコちゃんの名前まちがってすいません。以前ネコちゃん達の紹介をのせられてたのにね。
    9月に私の足の怪我からはじまり、レックスの手術、またまたレックスの肉球の腫れ、ミーももう19才?ミーがミャーというと、抱いてゴロゴロいわせないとダメだし。
    レックスは、今日の昼から痛みがなくなったせいか、少しの散歩では家に入らないので、どうしたものかと。
    いい事を忘れてましたo(^o^)o
    ドライブですo(^o^)o
    レックスは喜んでましたが、窓をあけて走るので、私はとっ〜ても寒かったです(´;ω;`)
    あ〜(>_<)頑張ります。
    | レックス | 2014/12/10 12:55 AM |

    まきあさん、まきあさんも夢や目標ができるといいですね。それを考えていると楽しくなるようなことがいいですね。

    レックスさん、ドライブの時は窓尾を開けるんですね。レックスは寒くない?
    人間は寒すぎると思います(^^)
    | かない | 2014/12/10 5:58 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091147