RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 急性捻転3(予防) | main | 夢について >>
長く勤めてほしい
0
     当院に勤めている受付や看護師、獣医師などには、「長く勤めて欲しい」と思っている。
    結婚や出産、さまざまな家庭の事情で、いったんは職場を離れることがあるかもしれないが、落ちついたら戻ってきて欲しい、といつも言っている。

    ところが、以外にあっさりと退職してしまう場合が多い。
    目の前にある事柄に集中したい、という気持ちもわかる。もしかしたら、仕事がきついので、ゆっくりしたいと思うのだろうか。
    「また戻ってきますから、その時はよろしくお願いします」
    という言葉は、聞いたことがない(例外は受付の小原)。

    動物の医療に関する極めて専門的な事柄を教育されてきている、という実感が少ないのだろうか。身につけた知識や経験は、本当に貴重である。おそらく、いったん職を離れても、戻ってくれば、そのノウハウは生きるはずである。

    新人の人が一から学ぶのと違って、すぐにとけ込むことができるだろうし、短時間働くとしてもいろいろとこなせるはずだ。
    ・・とにかく、苦労して身につけたスキルを、簡単に手放して欲しくないのである。


    私自身は、自分が取り組んでいることを途中でやめるのが嫌いである。
    いや、嫌いと言うより、
    「ここでやめたら、今までの苦労が無駄になる」
    という、もったいなさ、かもしれない。

    もったいない、というのはある種の執着でもある。それも欲望の一種であろう。
    若い人は、そういう意味で欲がないのかも。
    「ガツガツしないほうがかっこいい、と思っている人、多いですよ」
    と、ある獣医師が言っていた。


    べつにかっこ悪くたっていいんじゃない?長く勤めることで、ゆっくりと成長する、という戦略もあり、ではないか。


    よくみるととおくにねこがいる



    | 獣医医療 | 06:28 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    ガツガツしてる人生を送ってる私は、うざい?かもですねo(^o^)o

    もうホントにレックスは、何する犬ぞやと(*_*)
    でも関節炎でなくてよかったです。草に負ける犬(´;ω;`)

    またまた散歩にしばらくいけないし。こまった、こまった、です(>_<)
    | レックス | 2014/12/09 12:46 AM |

    Ps
    まってる間に、皆さんと、とおくにいるネコちゃんは、チョコちゃんかミーちゃんかと、いろいろ討論しましたが、結果わからずでしたo(^o^)o
    | レックス | 2014/12/09 12:51 AM |

    レックスさん、関節じゃなくてよかったですね(^^)
    遠くに写っている猫はトラです。手前の猫は黒いのがチョコ、灰色がフクです。

    | かない | 2014/12/09 5:45 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091146