RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 帰省 | main | 実家雑感 >>
PLDD500例
0
     今週の火曜日、お盆前にPLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)の治療件数が500件を超えた。8/12に2件行ったのが500件目と501件目であった。
    こういうことは記録達成のようなものではないが、一つの節目にはなる。
    ちなみに500件目は、ゆめちゃんというチワワだった。

    動物のPLDDは、主に米国と日本で行われているが、まとまった報告は少ない。
    私が調べた範囲ではオクラホマ州立大学が報告した277例が最高である。
    国内では数件の動物病院で行われているようであるが、データーなどを公表している施設はまだあまりない。50件を超える施設はまだほとんどないのではないか。

    私はこの治療を普及させたいと思っているので、自分が持っているデーターは可能な限り公表してきたし、技術を学びたい人にはすべてお教えしたいと思っている。だから、自分の施設だけが特別であると喧伝するつもりはないことを理解していただきたい。
    その上で伝えたいことは、PLDDを体重1キロ前後のチワワからジャーマンシェパードなどの大型犬に行うこと、頸椎と腰椎に複数発生した多発性ヘルニアすべてに行うことは技術的にとても難しいので、国内では現時点で(私が把握する範囲では)当院でしか行えないということである。

    繰り返しになるが、「ここでしかできない」というような宣伝ではない。
    治療件数が少ない施設では(私もかつてそうであったが)、正確に椎間板中央を穿刺することが難しいと思われる。とくに体重が少ない小型犬種では、数ミリの差が治療効果に大きく影響するので、すくなくとも50例以上中型犬などで経験を積んだ後に施術すべきだと考えられる。

    私が個人的に技術を伝えようと、ホームページなどで手術日を公開しているが、実際見学に来られる獣医師は年間数人である。その中で、実際に治療をスタートさせた施設は今までに2−3件なので、まだまだ普及の道半ば、である。

    だから、飼い主の方で治療を考えているひとは、是非当院に問い合わせてもらいたい。
    ・・って、結局は宣伝じゃないか!
    でも、椎間板ヘルニアで苦しんでいる動物を何とかしたい気持ちだけなのだ。

    きちんとした形で普及していけば、全国どこでも治療が可能になるだろうが、現状はそうではないのである。


    なつのろうか








    | PLDD | 07:24 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    500件目は、アヤさんが書かれてるゆめちゃんですねo(^o^)o

    かない先生が、世界一という事は、これはギネスに認定して頂きたいと思います。

    501件の中には、私の犬友のワンちゃん達がお世話になってます。飼い主さん達は、皆さん、本当にかない先生にお願いして、よかったと喜ばれてますo(^o^)o
    ワンちゃん達をみていても、うれしそうに走ってる姿をみて、私もうれしいですo(^o^)o

    シーズー17才のピアノちゃんが、この間、かない先生にほめてもらったと飼い主さんが喜ばれてました。ピアノちゃん、シロトピアで歩いてます。ピアノちゃんは、17才とは思えないほど、しっかりと人をかみます。レックスもさすがに、ピアノちゃんには、離れて挨拶してます。おもしろいですよo(^o^)o

    アニさんへ
    黒ラブのジュンは、かない動物病院がホントに大好きで、入院中、面会にいっても知らんぷり。看護師さんにずっとしっぽをふってました。亡くなる日まで、先生のご厚意で毎日かない動物病院に遊びにいかせて頂きました。診察だいにのせて頂いて、先生に診てもらうと、満足してましたo(^o^)o
    なので私も介護疲れは、全然なかったです。ミーもジュンの介護を手伝ってくれてo(^o^)o
    あ~また話が長くなりました。
    いつもありがとうo(^o^)o
    | レックス | 2014/08/15 10:19 PM |

    先生こんばんは

    PLDD500例おめでとうございます

    すごいですね(*^_^*)それにゆめちゃんが500例目なんて・・・ゆめちゃんもシリウスやコロロンみたいに元気に飛び跳ねられるって思うとすごく嬉しいです!(^^)!

    私もいろんな人からヘルニアはかない先生よって聞いていたので迷いなく先生の所へ・・・

    数か月前きなこのお父さんが腰が痛いって言うのでかない先生に診てもらったらって言ったぐらいです(笑)

    知り合いのダックスがヘルニアで痛い思いをしながら亡くなったって聞いたときは私がもっと早く先生を知ってたらって思いました

    先生が知らないところでヘルニアはかない先生って噂されてますよ!!

    これからも1000例2000例とたくさんの動物を痛みから解放してあげてください

    応援してます!!
    | アヤ | 2014/08/15 10:29 PM |

    こんばんは^ ^

    先生、あんな可愛い丸いズッキーニがあるのですねぇ(^^)私も始めて知りました(^^)(^^)ありがとうございます^ ^

    先生が、最後のほうにした自分へのツッコミのところ、おかしかったです(≧∇≦)医学的な事や難しいことが分からないのですが、先生のヘルニア治療の熱意などはとても伝わってきます。
    腰骨?背骨?ですか??そのせいで脚が麻痺したり歩けなくなるんですよね??すみません、全然知識不足で…。やっぱり体の中心部分だし歩けることがすべてですもんね…。けど、先生のところでたくさんのワンちゃんが救われてますよね!
    実は、私も近所の方(先生とこの患者さんです)
    から、あんたもかない先生のところに病院変えたら??と、散歩で会うたび言われてました^ ^
    それから、ヘルニアのかない先生と言われた人も何人か居ました^ ^
    始めは、どういう意味なのかよく分からなかったんですが、先生に出会って、とても分かりました(^^)
    先生、やっぱり外国の動物病院は進んでるのですか??


    レックスさんへ^ ^
    いつも、お便りありがとうございます(^^)
    ジュンちゃんは、かない動物病院が好きだったんですね(^o^)きっと、レックスさんからも病院からも力をもらっていたんでしょうね(^^)
    ミーちゃんも介護を手伝ってたのですか??
    ジュンちゃんが居なくなったとき、さみしかったでしょうね…。
    何でも介護は心身共に疲れ果てるというのに、疲れなかったと言えるレックスさんなのですから、レックスさんもジュンちゃんへパワーを、ジュンちゃんからも大きなパワーをもらっていたんでしょうね(^o^)!!
    ジュンちゃん、大好きな人々に囲まれて最後を迎えて、幸せだったでしょうね(^^)
    こちらのほうこそ(^o^)いつもいつもお便りありがとうございます^ ^




    | アニ | 2014/08/16 1:15 AM |

    先生あやさんの言う通り、見て欲しいです。喉と鼻の手術をして頂きたいです。                        私、きなこの時みたいに、毎日お見舞いには、行きませんから。                              いやぁー本当に、やはり凄い先生なのですね先生の日々の努力の成果なのでしょう。  勤勉で努力を惜しまないDNAはご両親からのプレゼントでしょう!          ご両親を大事になさって下さいね(^^)                        あやさんの言う通り、これからも、動物達を痛みから解放してあげて下さい!(^^)    私達飼い主からも、エールをおくります!      
    | キナコ | 2014/08/16 1:18 AM |

    先生、おはようございます。

    500件ですか!
    当たり前ですけど、最初は“1”からだったんですよね。

    考えてみると、
    どてちんが椎間板ヘルニアになった時は 絶望して
    自分たちだけが不幸だと 思ったりしましたが、
    同じ様に 辛い思いで過ごされていた方々は
    実は500もおられ、
    その後、PLDDを受けたら 劇的に回復して、
    何度も何度も幸せを噛みしめている私ですが、
    これまた とても幸せな動物と人が
    確実に500(しつこいですね ^_^ ;)もあるんですね!

    感動してしまいます。やっぱり重みのある、凄い数です。

    いつか先生が、NHKの“プロフェッショナル”とかに
    出演されるかもしれないっ(^(●●)^)と、
    ひとり興奮する私でした(笑)
    | ぼてちん | 2014/08/16 4:45 AM |

    レックスさん、自分がこの世からいなくなったあとでも、日本にこの治療法が残っていくことが夢ですね。ギネスもあるけど(^^)

    アヤさん、ゆめちゃんはこれから経過を見なければなりませんが、よくなってくれるといいです。PLDDして、とてもよかったと思います。

    アニさん、犬のヘルニアのことは知らない人は知らないですから、実感がわきにくいかもしれませんね。大型犬も高齢になるとよく発生します。「歳だから」という理由で、かなり見逃されていることが多いんですよ。

    キナコさん、そうですね、いろいろな意味で親に感謝しなければなりませんね。楽観的なところは遺伝ですね(^^)

    ぼてちんさん、椎間板ヘルニアは難しい病気なので、500例のうち改善しなかった子もいます。でも、1匹1匹丁寧に行って、よい結果が出せるよう、これからも技術を高めていきたいです。応援よろしくおねがいします(^^)
    | かない | 2014/08/16 6:05 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091053