RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 動物との別れについて | main | プレゼン能力 >>
移動が多い・・
0
     一昨日の日曜日は、心タンポナーデの犬の心膜切除を胸腔鏡下で行うため、他府県の動物病院へ出張で手術に行った。

    心臓のまわりには心膜という分厚い膜がある。
    その膜と心臓の隙間に、液体や血液が貯まり、心臓を圧迫する病態が「心タンポナーデ」である。心臓や縦隔の腫瘍が原因の時も多いが、はっきりした原因がなく心嚢水が貯留することもある。
    従来は開胸術を行い、心臓の膜を切除していたが、現在胸腔鏡を用いて行う手技が開発され、動物の負担がとても減った。
    肋骨の間に5ミリ程度の穴を3ヵ所開けるだけで、心膜切除を行うことができる。
    その犬は高齢で、基礎疾患もあったため、負担が少ない手術を行う必要があったのである。

    手術は無事終わった。主治医の先生によれば、当日から食欲があり元気だったとのこと。


    昨日は、東京で研究会があり日帰りで参加。
    ちょっとは疲れたが、なかなか充実した時間だったので、とても満足だ。



    ねこまくら

    | 日記 | 06:40 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    先生、ハードな毎日お疲れ様です(^-^;

    胡麻三郎ですが、3日ほどトイレは?ってくらいベッドから動きませんでした。
    4日目からはトイレに行く姿が見られ善くなってきてるのかなと思ったのですが、まだほとんどベッドから動こうとしません。
    ご飯はベッドに持って来い、水もシリンジで飲みたがる、最初に動かさないように私がしたのですが(-_-;)
    今日は歩いてたので、『あら、歩けるようになったねぇ』と言うと又ベッドに戻り『ぼくまだ痛たたやねん』みたいな顔して動かないし…
    甘えてるだけなのか本当に痛いのかよく分からず、明日でお薬終わるのですがどうしたらよいでしようか?
    | あぃごまいける | 2014/06/24 1:17 PM |

    甘えてるのかと思ってたんですが、まだ足をあげています。
    一応木曜日予約入れさせていただきましたのでよろしくお願いいたします(´-ω-`)
    | あぃごまいける | 2014/06/24 6:44 PM |

    先生、お疲れ様です。
    充実した時間は、あっというまにすぎるんですよねo(^o^)o

    このあいだは、レックスがヒート中で、先生や看護師さんや受付のお姉さんにまで、いろいろと迷惑をかけてしまい、すいませんでした。
    訓練所の更新が近かったので。
    狂犬病の注射のトラウマも、先生のおかげで、なくなったかなと。ありがとうございます。


    アニさんへ
    返事遅くなりごめんね。
    私の知ってる黒ラブのさくらちゃんは、2匹いましたが、どちらも7~8才で亡くなりました。
    グレートピレネーも当時は5匹いましたが、4匹は、5才前後で亡くなりました。
    今は平日の朝8時半頃、シロトピアに、茶のラブのゼップとグレートピレネーのゆきちゃん、共に11才、にあえますよo(^o^)o
    レックスは、水曜の朝、ゼップとゆきちゃん、にあいにいってますo(^o^)o
    レックスは、シェパのメスでアリマス。警察犬レックスのドラマをみていたので、メスなのにオスの名前です(´;ω;`)
    アニーちゃんと反対ですねo(^o^)o
    アニーちゃんもシェパですか?
    よかっら、いろいろ教えてください
    o(^o^)o
    レックスは今2才です。2年前に亡くなった犬は、黒ラブです。
    | レックス | 2014/06/24 11:55 PM |

    あぃごまいけるさん、木曜日に診てみますね。今の時点でも調子が悪いようであれば、やはり詳しく調べたほうがいいでしょうね。

    レックスさん、更新のため狂犬病注射が必要だったんですね。
    ぜんぜん迷惑なんて思ってませんので、どうかご心配なく(^^)
    | かない | 2014/06/25 6:13 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1091016