RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< ハナコの思い出 | main | 求められる動物医療 >>
Sumakoさんからのメール
0
     昨日Sumakoさんからメールがきた。
    ハナコさんのことを心配されていたようだ。以下、Sumakoさんより。

    アロハ!どうも機械に弱いせいか先生のプログに2回ほどコメントをだしましたが失敗に終わりました。プログをみていてハナコちゃんの様子が気になっていたので毎日のように見ていましたらついに旅立ちの時がきたことを知りました。おつらいでしょうがハナコちゃんも飼い主さんをとても信頼し、安心してやすらかに旅立たれたとおもいます。
    私も時おり旦那に弁当のお結びを握る時は最後にこれはハナコのためとぎゅうっとにぎっておりました。でもほんとに長寿でしたね。先生のプログは動物と人の心を癒しますね、コメント寄せる皆様の力もたいしたものと思います。これからも動物と人々の心を癒し続けて下さい。私は10月2日から28日までボストンに義妹の猫と義母を癒しに?いってきます!!!。
    姫路の皆様ユーモアがあっていいですね。ハナコちゃんも名医の先生に診てもらってこんなに長生きしたのですからニャンとも嬉しかったにちがいありません。
    ハナコさんも思い出をたくさん貰ったし、つらくても明るく前向きな方と思いますので心配しません。   とりあえず    すま

    引用以上。
    Sumakoさん、ありがとう!




    飼っている動物を失い、こころの行き場のない人に対してどう接すればいいのか。
    「ペットロス」という状態に対し、決まった処方箋があるわけではない。
    動物を飼っていない人から見れば「動物が死んだぐらいで」と軽く考えられることがあるし、動物を亡くした人もそう考えようとする。
    自分が悩んでいることが、実は取るに足らないことではないのか。
    いつまでも悲しんでいる自分は、おかしいのではないか・・。

    ところが、実際の悲しみは、身内が亡くなった時以上のことがある。
    家族や友人・職場の人が、そういうことを理解してくださるといい。

    みなさんのコメントなどを読んでいて感じるのは、ペットロスの悲しみに対し、ひとりで悩まず、みなで共有することが悲しみを減らすのに役立つのではないかということだ。
    同じような体験をした人が語り合うことで、自分の悲しみは自分だけのものではないことを知ることができる。はりねずみ通信がそのような「場」になるといい。

    長い間悲しむことは、動物も希望していないだろう。飼い主さんの幸福を、動物も願っていると思う。
    亡くなった動物を忘れようと努力する必要はない。
    むしろ、忘れないうちにいろいろな思い出を整理して、人に話してみたり、ノートに書いてみたりするといいと思う。
    亡くなったときの悲しみよりも、動物が与えてくれた幸福だった時間のほうへ、気持ちが移動するとよい。



    スピーカー近すぎ。うるさくない?


    Sumakoさんとの出会いの記事を、まとめておきました。
    トップページの「カテゴリー」より、ご覧下さい。




    | Sumakoさんとの出会い | 05:23 | comments(15) | trackbacks(0) | - | - |
    ブログで先生のことを 毎日読みながら そしてコメントの皆さんの近況を知りながら〜
    笑って、心配して、その後が気になったり、共感するようになっている はりねずみ通信です

    この場の読者の共通は
    動物が好き、
    家族の一員として 大切に している人達の集まり ですね〜

    毎日見るのが日課の
    はりねずみ歴9ヶ月

    …ハナコさんの これからも 気になってます

    きっと今の悲しみや、喪失感が、ハナコとの楽しい思い出に かわっていく…
    急がないで 無理をしないで お仕事もハナコさんやってください〜

    はりねずみ、同色シーズー我が家、待合、診察台…、で ハナコさんの登場を お待ちしてます
    | もも | 2011/09/29 6:40 AM |

    おはようございます

    Sumakoさん、この度はご心配くださり有難うございました。
    ハナコとの別れで打ちひしがれそうな私が救われたのは、この「はりねずみ通信」での皆様の温かいコメントでした。

    先生のメールに方に後でお手紙を送らせて頂きますので、先生に転送して頂けるようにお願いいたします。


    悲しいけど、他の人に気を使わせてはいけないと振舞っていますが家に入るとまずはハナコを探してしまいます。
    仕事をしていてもふと「ハナコ今寝てるかな? 」なんて考えてしまい「いやいや、もう心配しなくていいんだ」と思うと涙が・・・

    あと1週間はお化粧直しの為に、経費がかさみそうです(苦笑)

    時々この場でハナコの思い出話を書いてしまうかもしれませんが、お許しください・・・!!

    笑うことが取り柄の私なので、「えぇ?もう吹っ切れたの?」って思われるように楽しく前向きに!

    感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝・感謝

     
    | ハナコ | 2011/09/29 10:14 AM |

    ハナコさん姥桜にも手紙を〜先生転送を〜(笑)

    私もしばらくは車を運転しながら、飯を食いながら、ただボーとしては泣いてました。
    何回アイラインを書き直したことか…真っ黒なるし目がなくなるし(-.-;)

    爺ちゃんと別れて五ヶ月。
    亡くなる前は腫瘍で下半身は歪み、肛門も歪んで、腫瘍破裂、顔付きもかわってましたが、今思い出すのはイケメンでスリムで元気だった爺ちゃん、私を溝に落とした爺ちゃん、私だけを噛んだ爺ちゃん、私を焚火後にこかし真っ黒にした爺ちゃん。

    私も友達や面識ないblogやメールだけの人達にも励まされました。
    爺ちゃんは今、大阪の愛人1号、2号と遊んでることでしょう♪
    | 姥桜 | 2011/09/29 10:56 AM |

    ハナコさん、私が誰かわかるかな?
    恥ずかしいのでここでは素性はあかしません!(´`)

    昨日もメールしましたが。。。
    無理せず。自然に。。。
    思い出話をして、泣いて笑って、時には苦笑い?して下さい!
    苦笑いネタなら提供しますよ(・∀・)ノ

    またお話しましょう〜
    | なな | 2011/09/29 11:12 AM |

    マイPCが壊れてて只今、息子の部屋へ侵入中

    ハナコちゃん、最後まで立派な一生でしたね。
    ご家族を、愛し愛され。。。
    何度かコメントをと思って、でも何か違うと言葉を選び、書いては消し、書いては消しを繰り返しているうちに、PCが。。。(驚)

    ハナコさん、まだまだ悲しみの中でしょうが、無理に強がらず、体調には気をつけてくださいね。
    少しづつでいいので、またたくさんの思い出話を聞かせてください。

    | はるる | 2011/09/29 11:37 AM |

    いつも職場に来て、朝一にかない動物病院のブログをチェックしています(内緒ですよ)

    で、私は日、月が休みで今週は子供の体育祭で水曜も休みを取ったので、ハナコが亡くなったのを本日知りました。

    私もハナコさんとは面識もなく、ハナコがシーズー犬だったことも今日知ったようなことなのですが・・・(>_<)

    ハナコもハナコさん一家も、本当によくがんばられましたネ!

    ハナコが調子が悪いとブログで知ってから、ずーっと気になっていました、がついにその日が来てしまったのですね・・・

    私もコメントを書きながら、涙が出そうなのをグッとこらえています。
    (前に同僚がいるので。)

    でも、はりねずみ通信は本当にうれしいことや悲しいことを共有できる方の集える場所ですよね〜
    (東日本大震災でも、同じ痛みを分かち合おうといろんなブログが開設されてるようですし)

    私も、ここでいろんな情報を仕入れたり、皆さんにいろいろ教えていただいたりしながら、くうちゃんとの生活をエンジョイしていきたいと思います。

    ハナコさん、今はいっぱい泣いてください。ハナコの事を笑って話せる日が一日も早く来ることをお祈りしています。

    | くうちゃんママ | 2011/09/29 12:48 PM |

    ハナコさん。
    わたしもハナコさんとは面識もありませんし、差し出がましいかな・・・と思ったのですが、はりねずみ読者として、コメさせていただきますね。

    ハナコが立派に生涯を全うしたこと、ハナコさんが精一杯ハナコの生涯を支えた事に敬意を表します。
    わたしも今年の1月に、だいじな、とてもだいじな存在だったネコを亡くしてしまいました。こんなにかなしいことが世の中にあるのか・・・とほんとうに途方にくれてしまいましたが、今、わたしはとても元気にしています。
    それは、あたらしく飼ったネコの存在がものすごく大きいんです。自他共に認めるほど相思相愛だった子の存在はあまりにおおきくて、かなしみにくれているわたしに、職場のみんながあたらしい子を飼う事を強くすすめてくれました。
    金井先生にも相談したら喜んですすめて下さいました。
    わたしはまだ、亡くして2ヶ月もたたないうちに次の子を迎えるのは前の子がさみしがるんじゃないかな・・・っていうためらいもありましたが、思い切ってあたらしい子を迎えました。亡くなった子とは正反対のタイプをあえて選びました。
    そうしたら、もうその新しい子ネコの世話をしているうちに、バタバタと日々が過ぎていき、いつのまにか、とても癒されている自分がいました。もちろん、亡くなった子の事は思い出してしまうけど、より前の子の良さも再確認したりして。今は亡くなった子がわたしの所にきてくれた奇跡のような偶然にほんとうに感謝しています。
    ハナコもうちの亡くなった子も、たくさんのかわいがられて亡くなっていった子たちもみんな今はパピヨンの庭で仲良くしあわせに暮らしているとおもいます。だから、ハナコさんもあたらしい子を迎える事、前向きにかんがえてみてくださいね。
    出来れば世話のかかる子犬がおすすめです。←子ネコもいいですよー(^^*
    | 風太 | 2011/09/29 6:28 PM |

    今日も温かい心のこもったコメントに感謝しています。
    皆さん、本当に本当にありがとうございます。

    今日、主人と病院の方へお礼のご挨拶をしに行きました。
    今朝自宅にいる時から診察室に入るまでは、「あれと、これと、こんなことと・・・」って言うことを考えてましたが、中に入って「先生、色々と有難うございました」と、言おうとした途端・・・
    そうです。。。感極まって涙声になりかけたので、黙ってしまいました。
    横で主人がお礼を言ってくれましたが、主人も最初は詰まり気味の声でした。(先生気付かれてました?)

    結局・・・私は横で立ってただけで、考えてたお礼の言葉の1/100も話せませんでした(苦笑)

    振りかえると渡辺先生や看護師さん達もいらしたので、ちゃんと大きな声でお礼を言おうとしましたが、何とかかんとか自分では言ったつもり・・・
    頭を下げたことだけ記憶にあり・・

    こんな情けない飼い主・・・「しっかりせんか〜い!」ってハナコに怒られますね。。。

    我が家は私達夫婦と私の父の3人家族。
    若い元気なパワーが必要ですね。(平均年齢高いよ〜)

    きっと! 次もワンコを飼うと思います。
    アルフママさんや風太さんお勧めのネコちゃん♪
    考えておきますね(笑)

    私もハナコも皆さんに応援して頂いて、幸せ者です!
    | 幸せ者のハナコ! | 2011/09/29 6:46 PM |

    ハナコさん、ハナコが「虹の橋のたもと」に旅立ち、悲しみ計り知れない事と思います、我が家も、五月に、家族の一員として12年間私達に、癒しを与えてくれた「うさぎのハナちゃん」が亡くなり、これまでに感じた事のない悲しみを経験しました、でも、いつまでも悲しんでいては、ハナちゃんが、悲しむので、楽しかった思い出だけ描いてハナちゃんに感謝しながら過ごせるように、いま、やっとそれが出来るようになりました、金井先生のお陰です。ハナコさん、ハナコの楽しい思い出と共に、お体大切にお過ごしくださる事願っています。金井先生、「パピヨンの庭で」の本ありがとうございました。「はりねずみ通信」に巡り会えた事幸せです。
    | ハナちゃんうさぎ | 2011/09/29 10:17 PM |

    ハナコさん一家にとって子ども同然に愛されてたハナコは絶対幸せだったと思います。
    どうか今も幸せでいますように。

    私も結構感極まりやすいタイプなので、そんな時はきっと何も言えずに泣いてしまいます。

    でもきっとハナコはそんなママも大好きやったと思います。

    もちろん話がマシンガンになるママも大好きやったと思いますが。笑


    新しい家族候補にシェパードがいないのは残念ですけど、またいつか新しい家族を迎えられた際にはこそーっと見に行きます。
    そしてまた病院でもバッタリ会っちゃったりなんかして。


    今はハナコの思い出でいっぱい。それでいいと思います。
    | びびあん | 2011/09/30 6:14 AM |

    みなさん、コメントありがとうございます。
    今度ホームページをリニューアルするのですが、ペットロスの問題に立ち向かうため「パピヨンの庭」というコーナーを作ろうと思います。
    動物を亡くした方が書き込みをしたら、はりねずみ通信読者のみなさんが回答する。どうですか?
    私は、こうやって書いてくださるみなさんのことが誇りです。
    (コメントを書かれていない方でも、応援されている方は多いはず。)
    この企画に意見があればお寄せくださいね。

    | かない | 2011/09/30 6:38 AM |

    先生、ナイス提案です!^_^;

    同じ気持ちの方でないと、同じ経験をした人でないと、わからない事もあると思いますし・・・

    動物を飼うと、いつかは必ずお別れの時はやってきます。
    そんな時、そっと立ち寄れる場所、気持ちのわかってくれる人達がいる場所がある!ってわかってるだけで気持ちが楽になると思います。

    是非「パピヨンの庭」作って下さい(^.^)
    ネーミングもいいですね!
    | くうちゃんママ | 2011/09/30 10:11 AM |

    動物と暮らし家族の一員になり いつも思うのは 書類などの 家族構成欄に 書くべきか〜 いやいや、書いてはおかしい…
    いや、家族だけど

    と本気で考える私。

    動物=家族を 亡くしたら どうなるか?
    動物ぐらいでーと 周りに理解してもらえるだろうか 不安。

    そんな場があれば 老いを迎える覚悟、死のうけとめ 受け入れなど できそう

    とても良い場だと思います!
    | もも | 2011/09/30 2:12 PM |

    先生 パピヨンの庭! いいですね♪
    こんな所にもパピヨンの庭があるなんて素敵なホームページだと思います!!

    人に言えない気持ちを押さえて過ごさなければならない…そんな気持ちを分かち合える場所があるとどんなにか救われる事でしょう。

    動物は最後は病院に行くでしょう…。 動物病院では亡くなっていく動物を何度もみてしまうし、その飼い主さんのつらい思いも目の当たりにしてしまいますよね…。

    これからも、かない動物病院がそんな人達を元気にしてくれる病院であってほしいと願っています♪
    | ノアママ | 2011/09/30 6:44 PM |

    ノアママさん、パピヨンの庭のコーナーができたときは、是非参加して下さいね。
    同じような経験をされている人を、きっと励ますことができると思うのです。
    | かない | 2011/10/01 6:10 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1090274