RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
<< 食中毒 | main | 救出 >>
あたらしく動物を飼うこと
0
    スタッフの実家で、あたらしく犬を飼いはじめた、と聞き、私は少しほっとした気持ちになった。
    そのスタッフの実家では、それまで大型犬を飼っていて、少し前に病気で亡くしていた。その様子を聞いていたので、新しい家族を迎えることができたことを、喜んだ。

    遠方なので、亡くなったその子の治療には私は関わっていなかったが、鼻腔内腫瘍が脳に転移し、摘出手術を受けたことを聞いていた。
    担当した専門医の先生から直接話を聞く機会があり、かなり様子はわかっていた。
    非常に困難な手術だったが、無事成功した、とのことだった。
    けれども、その後の合併症がもとで、亡くなってしまったのである。

    このような経過をたどったとき、多くの飼い主の方は非常につらい精神状態になる。
    「この子にその治療を受けさせたことが、本当によかったのか」
    「自分はいちばんいいことをしてやれたのか」
    動物を亡くしたショックに加え、そのような気持ちが繰り返しおこり、落ち込んでしまうことが多い。
    なにより、手術を決断したり、さまざまな判断をその都度しなければならないし、弱っている動物の介護もする。心も身体もくたくたになってしまう。

    そういった過程を経て、新しい犬を飼う気持ちになれたことは、本当によかったと思う。
    「もう二度と動物は飼わない」
    そう言う方も多いからだ。

    わたしは、亡くなった子の思いではいつまでも大切にしてほしいが、今を生きている人間が、いつまでも悲しみ続けることは、飼っていた動物も願っていないと思う。動物の純粋な魂は、飼い主さんの幸福を願っているはずである。

    受け入れるには時間がかかることも多いが、私たちにとっては、飼い主さんが再び動物病院へ来たときが、本当に嬉しい瞬間だ。




    たろう



    | 特選ブログ(初めての人は是非読んで!) | 06:47 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
    今日はたろう君の登場〜!

    たろう君とは、仲良くなれそうな気がします(苦笑)

    10年以上前に飼っていた柴犬の名前は太郎君でした。
    正式名は狛太郎(コマタロウ)でしたが、通称はタロウでした。

    そして今飼っている子は「ハナコ」。先生のネコちゃんもはなちゃんがいますね。
    みんな呼びやすい名前をつけますね(笑)


    ハナコがいなくなった後、かない動物病院とのご縁が切れないように“犬”を飼おうと心の中では秘かに決めてます。

    たぶん、絶対、決して“ネコ”にはならないと断言できます。ねこ派の皆さん、ごめんなさい。

    ネコの写真を見るのも絵を描くのも大好きなのですが・・・
    | ハナコ | 2010/06/21 6:50 PM |

     いつも子供がお世話になっています。

     メリ−の手術折には、U先生にお電話して頂き有難うございました。難しい手術を成功して頂けたお陰で、メリ−との「大切な時間」が持てました。

     メリ−が亡くなった後も、精一杯、最期まで看取れたことに満足しています。 そして、彼女には今も感謝の気持ちでいます。

     家族の絆、いろいろな人との出会いを作ってくれたり、いつも傍で優しい目で癒してくれました。

     実は、私の体調が良くないので、主人と「来年、ゴ−ルデンを飼おうね。」・・と話していました。

     その数日後、突然、長男のお嫁さんからメ-ルで「今、ペットショップにいるんですが、3月29日生まれのゴ−ルデンが売っています。しかも、女の子です!」 早速、翌日、主人と京都まで行って連れて来ました。

     3月29日は、メリ−の亡くなった日です。 今のエリ−は二代目になります。 初代エリ−は、病気で、わずか三週間目で亡くなりました。(その事が有り、子供の進路が決まったのです。)

     後日、メリ−の血統書が届いて、生年月日を見ると、初代エリ−の49日に生まれていたのです。 

     メリ−の命日と二代目エリ−の誕生日が同じ。 
    偶然とは言え・・・また、不思議が重なりました。

     二代目エリ−の避妊手術に姫路まで連れて行きますので、かない先生、宜しく御願いします。
    | 二代目エリ−の母 | 2010/06/21 9:14 PM |

    鼻の穴にノミが飛び込んできた姥桜です(笑)

    かない動物病院との縁は、私が元気なうちは続きそうですが……変わりの妹がいまだに覚えられせん。と書いていたら、ヒルが布団にΣ( ̄□ ̄;) で大騒ぎです。

    先生、予約入れようと思いましたが明日からゆかた祭りですね。渋滞したらイライラするんで終わってからにします。

    | 姥桜 | 2010/06/21 9:16 PM |

    ハナコさん、そういわれると意地でも猫を飼わせたくなります・・というのはジョークですが(笑)。
    動物がいなくなったら、繋がっていたものが切れてしまうのが動物病院なので、ずっと繋がりがもてるといいと思います。それが、ブログであってもいいですね。

    二代目エリーの母さん、コメントありがとうございました。
    出会いや巡りあわせ、は本当に不思議なものですね。
    このような話は、決して偶然に思えないので、なにか強い力が働いたのだと思います。
    新しい出会いがあったことを、私もとても嬉しく思います。
    遠くからなのに、私がエリーちゃんの手術をしてもいいんですか?心をこめて手術しますね!

    姥桜さん、ノミやヒル・・、おもしろすぎます(笑)。
    そういえばゆかた祭りですね。確かに渋滞するかもしれませんね。

    | かない | 2010/06/22 6:14 AM |










    http://blog.kanai-vet.jp/trackback/1071733