RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

はりねずみ通信

兵庫県姫路市にあるかない動物病院。
椎間板ヘルニアの治療であるPLDDや腹腔鏡手術などの低侵襲治療に力を入れています。
PLDD500例
0
     今週の火曜日、お盆前にPLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)の治療件数が500件を超えた。8/12に2件行ったのが500件目と501件目であった。
    こういうことは記録達成のようなものではないが、一つの節目にはなる。
    ちなみに500件目は、ゆめちゃんというチワワだった。

    動物のPLDDは、主に米国と日本で行われているが、まとまった報告は少ない。
    私が調べた範囲ではオクラホマ州立大学が報告した277例が最高である。
    国内では数件の動物病院で行われているようであるが、データーなどを公表している施設はまだあまりない。50件を超える施設はまだほとんどないのではないか。

    私はこの治療を普及させたいと思っているので、自分が持っているデーターは可能な限り公表してきたし、技術を学びたい人にはすべてお教えしたいと思っている。だから、自分の施設だけが特別であると喧伝するつもりはないことを理解していただきたい。
    その上で伝えたいことは、PLDDを体重1キロ前後のチワワからジャーマンシェパードなどの大型犬に行うこと、頸椎と腰椎に複数発生した多発性ヘルニアすべてに行うことは技術的にとても難しいので、国内では現時点で(私が把握する範囲では)当院でしか行えないということである。

    繰り返しになるが、「ここでしかできない」というような宣伝ではない。
    治療件数が少ない施設では(私もかつてそうであったが)、正確に椎間板中央を穿刺することが難しいと思われる。とくに体重が少ない小型犬種では、数ミリの差が治療効果に大きく影響するので、すくなくとも50例以上中型犬などで経験を積んだ後に施術すべきだと考えられる。

    私が個人的に技術を伝えようと、ホームページなどで手術日を公開しているが、実際見学に来られる獣医師は年間数人である。その中で、実際に治療をスタートさせた施設は今までに2−3件なので、まだまだ普及の道半ば、である。

    だから、飼い主の方で治療を考えているひとは、是非当院に問い合わせてもらいたい。
    ・・って、結局は宣伝じゃないか!
    でも、椎間板ヘルニアで苦しんでいる動物を何とかしたい気持ちだけなのだ。

    きちんとした形で普及していけば、全国どこでも治療が可能になるだろうが、現状はそうではないのである。


    なつのろうか








    | PLDD | 07:24 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
    おすそわけ
    0
       少し前、PLDD(経皮的レーザー椎間板除圧術)をした海斗ちゃんの飼い主Tさんからメールをいただいた。
      PLDDという治療法がまだまだ認知されていないので、椎間板ヘルニアの治療法にこのような選択肢があることを多くの人に知っていただきたいため、飼い主さんの許可を得てはりねずみ通信に載せることにした。
      海斗ちゃんは、何年にもわたり、椎間板ヘルニアの痛みに苦しんできて、当院で頸椎と腰椎10箇所のPLDDを行ったのである。

      以下引用